• TAKAHIRO

オリーブオイルとジャガイモがヤミツキ!

オリーブオイルとジャガイモ!相性がとても良いのです。


名古屋の山口さんからジャガイモのポタージュの仕上げに使っていただいて、

もう最高!


とご連絡いただきました。

「オリーブの豊かな風味

オイルのコクが、スープをさらに味わい深いものにしてくれました。]

嬉しいですね。


お刺身にパゴスデトラルと塩で試していただいたり美味しさを見つけながら楽しんでいあtだけているのではないでしょうか。楽しくなります。



素材を引き立てるオリーブオイル

新鮮なエクストラバージンオリーブオイルは香りも良いし素材を引き立てるのでジャガイモの美味しさを引き立てて風味もプラスして1グレードUPしたジャガイモのポタージュになったのではないでしょうか。その結果が

 ヤミツキ!

ということなのだと思います。


いただいた画像です。ジャガイモのポタージュの上にパゴスデトラルをタラリと。


山口さんの主催するhappiness_club_nagoyaでも紹介いただきました。

本物を伝えていきたいとオリーブオイルの勉強会をZOOMで行ったりしています。

●happiness_club_nagoya

https://www.instagram.com/happiness_club_nagoya/?hl=ja



ジャガイモと合う!


考えてみるとジャガイモに合うのは当然だったかもしれないと思い出したのでした。


依然仙台で行っていたスペイン料理教室ではパエリア、黒いパエリア、小さなパスタのパエリア(フェデウア)ガスパチョ、白いガスパチョ、エンブリージョなどいろいろなもの創ってきましたが、ほぼ毎回スペイン風オムレツと言われてるトルティーヤパタタを作ってました。


オムレツと言いますが日本のオムレツとは全然違いまして、まずはしっかりと油で炒めたジャガイモをたっぷりと用意しておきます。このジャガイモは塩味強めです。



そのジャガイモを卵で包み込むようにするのですが、とにかく分厚く作ります。


厚さは7㎝とかそんなレベルです。

3㎝ぐらいから練習したほうが良いです。


片面焼きではもちろん火が通らないのでフライパンにでかい皿を当てひっくり返してまたフライパンに戻すという、およそ日本のオムレツにはない工程を取ります。

そしてケーキ膿瘍中っとではなく賽の目に。


トルティーヤパタタにアリオリソースというニンニク入りのスペイン風のマヨネーズですね、これをつけたりしますがエクストラバージンオリーブオイルが合います。とても合います。


オムレツにオリーブオイル!と思う方いるかもしれませんが試してみてください。ただし良い本物のエクストラバージンオリーブオイルでしてください。べとべとで美味しくないオムレツになってしまいますから。



ちょっと飲み会みたいな時にはトルティーヤパタタにサラミ、数種類のチーズ、クリームチーズの中にツナの入ってるもの、カリンのジャム(チーズ食べるときはほぼ必要)プラムなどを準備したりしましたが、ここにオリーブオイルがまた合います。ナッツ類も相性がいいですね。



最高のエクストラバージンオリーブオイルをいろんな食べ方を試してみてください。


 

そろそろお歳暮の準備もスタートです。最高のエクストラバージンオリーブオイル パゴスデトラルをギフトで!

スペイン アンダルシアのピクアル種の極早摘みだけを集めて搾った最高のエクストラバージンオリーブオイル。パゴスデトラル。世界で最も健康に良いオリーブオイルBEST10にも 選ばれた最高のエクストラバージンオリーブオイル。


スペイン アンダルシア ハエン産の最高のエクストラバージンオリーブオイル。アジア圏で唯一の輸入インポータが仙台から発信する奇跡のオリーブオイル。摘みたてのオリーブの香りのする本物のオリーブオイル。 2020年10月極早摘み 2020年11月瓶詰め 摘みたての香り強い摘みたてです。。 原産国:スペイン・アンダルシア・ハエン 品 種:ピクアル種 酸 度:0.1 特 徴:早摘み、真夜中に採取、4時間以内にコールドプレス、自社で収穫、搾り工程、瓶詰めまで一貫生産