top of page
  • 執筆者の写真TAKAHIRO

オリーブオイルのビタミンEがもたらす健康効果とは!

更新日:3月16日

オリーブオイルに含まれるビタミンE、その中でも主要な成分であるα-トコフェロールは、驚くべき力を秘めています。この記事では、オリーブオイルのビタミンEがもたらす健康効果について詳しくご紹介します。



オリーブオイルのビタミンE

オリーブオイルに含まれるビタミンEは、抗酸化作用と活性酸素を抑える力によって、私たちの健康に多大な影響を与えています。細胞膜を酸化から守り、肌荒れ予防や老化防止に効果があると言われています。さらに、血中コレステロールを酸化から守り、動脈硬化の予防にも寄与するとされています。

エクストラバージンオリーブオイルには最大0.7%ものビタミンEが含まれていますが、光や熱に弱い性質を持つため、正しい保存方法と調理方法が重要です。遮光ボトルに入れて冷暗所で保管し、低温で短時間加熱することで、ビタミンEの効果を最大限に引き出すことができます。


ビタミンEは複数の化合物から構成されるグループで、主にトコフェロール(tocopherols)およびトリテルペノイド(tocotrienols)からなります。一般的に、ビタミンEの化学式は次のように表されます:トコフェロールの一般的な化学式: C29H50O2C29​H50​O2​ トコフェロールは炭素(Carbon)、水素(Hydrogen)、酸素(Oxygen)の元素から構成されています。トコフェロールはα-、β-、γ-、δ-の4つの主要な形態があり、それぞれ微妙に異なる構造を持っていますが、一般的なビタミンEの化学式は上記の通りです。


オリーブオイルもビタミンEも熱や光に弱い!


オリーブオイルは熱に強い!という風に言われることがありますが実際には輸送中の温度管理や日光に当てるだけであっという間に色も味も変わるという特性があります。ビタミンEと似ているのです。



ビタミンEは光や熱に敏感で、酸化しやすく劣化します。同様に、オリーブオイルもビタミンEを含んでいますが、熱や光に弱い性質を持っています。 したがって、ビタミンEを多く含む食品や油を保存する際には、以下のポイントに注意することが大切です:


遮光ボトルと冷暗所

ビタミンEを多く含む食品や油は、遮光ボトルに入れて冷暗所で保管することが推奨されます。光や熱から適切に保護することで、ビタミンEの効果を維持できます。


鮮度と消費期限

鮮度の良い食品や油を選び、賞味期限内に消費することが大切です。長期間保存するとビタミンEの含有量が減少する可能性があるため、新鮮な食品を選ぶよう心がけましょう。


低温で短時間加熱

調理する際には、ビタミンEを多く含む食品や油を低温で短時間加熱することが望ましいです。高温で長時間加熱すると、ビタミンEの抗酸化作用が低下する可能性があります。また、同じ油を何度も加熱することは避けましょう。


以上のポイントに留意することで、ビタミンEの効果を損なうことなく、健康的な食生活を送ることができます。皆さんも日常の食事に取り入れる際に、これらの注意点を覚えておくと良いでしょう。

オリーブオイルのビタミンEは、健康への道を開く鍵と言えるでしょう。この記事を参考に、オリーブオイルを上手に取り入れて、健康な生活をサポートしましょう!


 

酵素で健康を応援する



Comments


bottom of page