top of page
  • 執筆者の写真TAKAHIRO

オリーブオイルの船便輸送:東京都福祉保健局の実態調査から見える、健康と品質を守る方法

オリーブオイルの船便輸送と健康:実態調査の洞察

オリーブオイルは、私たちの健康をサポートする素晴らしい食材ですが、その品質は運送中の管理次第で大きく変わります。今回は、東京都福祉保健局の健康安全研究センターが行った実態調査を通じて、オリーブオイルの船便輸送における健康と品質の関係を探求します。




輸送中の温度管理がオリーブオイルの品質に与える影響

東京都福祉保健局の健康安全研究センターが行った輸入食品の実態調査報告によれば、食品は適切な温度管理がなされないと、酸化が進み、品質劣化やカビ毒産生等の悪影響が生じることが懸念され、風味や栄養価が損なわれる可能性があります。


海上輸送中の温度管理

海上輸送中は、コンテナは船の甲板(オンデッキ)や船倉(アンダーデッキ)に積み込まれます。オンデッキは日射の影響を受けやすく、最高温度が70℃近くになることもあります。


アンダーデッキは日射の影響を受けにくいものの、船内の温度に左右されるため、夏場は30℃前後になることもあります。温度では最大 52 度、湿度も 93%(いずれも熱帯地域の通過時)


陸上輸送中の温度管理

陸上輸送中は、コンテナはトラックや鉄道の荷台に積み込まれます。トラックや鉄道の車体は、太陽光やエンジンの熱によって高温になるため、コンテナ内も高温になる可能性があります。また、コンテナヤードにコンテナが滞留している場合も、日射や外気温の影響を受けやすく、温度が上がりやすくなります。


コンテナの位置による温度差

コンテナ内でも、位置によって温度差が生じることがあります。



コンテナの天井や側面は、外気温の影響を受けやすいため、温度が高くなりやすくなります。一方、コンテナの底面は、外気温の影響を受けにくいため、温度が低くなりやすくなります。

このような状況を踏まえ、輸送中のコンテナの温度管理は、品質保護の観点から極めて重要です。輸送モードやコンテナの位置による温度変動を考慮し、最適な管理が求められます。




安心しておいしいオリーブオイルを選ぶためのポイント

オリーブオイルを選ぶ際には、船便輸送中の温度管理に注目することが重要です。以下に、安心しておいしいオリーブオイルを選ぶためのポイントをまとめました。

  • コンテナの温度管理システムを確認する: オリーブオイルを供給する業者が、輸送中の温度管理に関するシステムを導入しているか確認しましょう。適切な温度制御を行っている業者から購入することで、品質が保たれたオリーブオイルを手に入れられます。 

  →これとても大変なのです。そのこともあって私は全数空輸を選んでいます。

  • 信頼性のある輸送業者を選ぶ: オリーブオイルを提供する業者は、信頼性のある輸送業者を選んでいます。そのため、信頼性のある業者から購入することで、適切な温度管理が行われたコンテナ内のオリーブオイルを手に入れられます。

  • 製造日や品質情報を確認する: 購入するオリーブオイルの製造日や品質情報を確認しましょう。新鮮で品質の高いオリーブオイルは、健康にも美味しさにも繋がります。

安心しておいしいオリーブオイルを選ぶためには、消費者自身が十分な情報を持ち、信頼性のある業者から購入することが鍵です。品質保護の観点から、適切な選択をすることで、健康的で美味しい食生活を実現できます。


オリーブオイルの品質は、私たちの健康と美味しさに直結しています。だからこそ、適切な情報を得て、信頼性のある業者から購入することで、その品質を守り、最高の料理体験を楽しむことができるのです。

最後に、私たちの健康と美味しさを支えるオリーブオイルの旅を、品質保護の観点から見守っていくことが重要です。


適切な情報を得て、信頼性のある製造業者や販売業者から購入することで、私たちの食卓には最高のオリーブオイルが届けられるのです。

安心しておいしいオリーブオイルを選ぶことは、健康的な生活と美味しい料理を楽しむ上での第一歩です。私たちの健康への配慮と、素晴らしい食事体験を共に実現するために、品質保護に対する意識を高め、賢い選択を行いましょう。安全で美味しいオリーブオイルを求めて、私たちの食卓を彩りましょう。



参考文献 

東京都福祉保健局 健康安全研究センターの輸入食品の運送状況等実態調査報告のレポート PDFデーターです →リンクで開きます


Comments


bottom of page