top of page
  • 執筆者の写真TAKAHIRO

世界を巡る旅で見つけた、あなたの食卓にぴったりの一本とは…!

こんにちは、食の冒険家の皆さん!


今回は、オリーブオイルの魅力的な世界について探求してみましょう。オリーブオイルは、その土地の風土や気候、栽培されるオリーブの品種によって、驚くほど多様な風味を持っています。さまざまな国々で栽培され、それぞれの特徴が際立つオリーブオイルを旅してみませんか?


世界のオリーブオイルの舞台裏を覗く!

まず、イタリア

この国では、北部のオリーブオイルはマイルドでクリーミーな風味が特徴的で、中部ではパンチのある辛味や苦味が、南部ではフルーティーで香り高いオイルが豊富に生産されています。フラントイオやコッリーナ・サレンティーナなどの品種が有名です。



スペイン スペインは、世界最大の生産国で、バランスの良いオリーブオイルが多く取れます。ピクアルやアルベキーナなどの品種がスペインを代表するオイルとして広まっています。



ギリシャ そして、ギリシャ。ここは古代からオリーブ栽培の歴史があり、コロネイキやカラマタといった品種は知られています。酸度が低く、濃厚でコクのあるオイルが、多くの人々に愛されています。


フランス

フランスでは、生産量は少ないですが、繊細で上品なオリーブオイルが特徴。プロヴァンス地方のアグランドーなど、香り高く独特の風味を持っています。


さらに、ポルトガル、チリ、オーストラリアなど、世界中でオリーブオイルの生産が注目されつつあります。

オリーブオイルの保存方法について知っておこう!

美味しいオリーブオイルを選んだら、適切な保存方法も大切です。オリーブオイルは酸化しやすく、風味や栄養価が低下する可能性があります。だからこそ、以下のポイントを心がけてみてください:

  • 開封前は冷暗所に保管しましょう。

  • 開封後は冷蔵庫か、冷暗所で密閉して保管します。

  • 使用する際は清潔なスプーンやボトルを使用し、早めに使い切るように心掛けましょう。

オリーブオイルの素晴らしい世界は、あなたの食卓を彩ります。ぜひ、自分の好みや料理に合ったオリーブオイルを見つけて、料理の幅を広げてみてください。


美味しい冒険が待っています!

コメント


bottom of page