top of page
  • 執筆者の写真TAKAHIRO

健康に驚きの効果を持つオレイン酸の秘密!

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、体にとって非常に有益な不飽和脂肪酸です。このオレイン酸には、私たちの健康に対して驚くべき効果があります。それでは、オレイン酸の効果について詳しく見ていきましょう!



健康と美容をサポートするオレイン酸の魔法


血中コレステロール値の改善!

オレイン酸は、善玉コレステロール(HDLコレステロール)に影響を及ぼさず、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす働きがあります。これにより、動脈硬化や心臓病のリスクを軽減し、心血管系の健康をサポートします。


抗酸化作用で美肌を守る!

オレイン酸は、体内の活性酸素を除去する力を持っています。活性酸素は細胞やDNAにダメージを与え、老化や病気の原因となります。オレイン酸の抗酸化作用によって、シワやシミの予防、美肌を保つ手助けをしてくれます。


胃腸の健康を促進!

オレイン酸は消化しやすく、胃での滞在時間が短い特性を持っています。これにより、胃もたれや胃痛を軽減し、さらに大腸での吸収を防ぎ便を柔らかくする効果があります。


便秘の解消や排便の促進に寄与します。



ただし、摂取量には注意が必要です。適度な量を守り、1日あたり大さじ1~2杯程度を目安にしましょう。

オリーブオイルは、サラダやパスタ、パンにかけるなどして簡単に取り入れられます。また、新鮮なオリーブオイルはスープにかけたり、アイスや甘いものにも意外と合いますよ。




オリーブオイルは、美味しさと健康を両立させる理想的な食材です。日常の食事に取り入れ、健康な体と美しい肌を手に入れましょう!



オレイン酸の含有量のデーター

オイルの種類

オレイン酸含有量(%)

オリーブオイル

約 70-80%

アボガドオイル

約 60-70%

アーモンドオイル

約 60-70%

マカデミアナッツオイル

約 50-60%

キャノーラ油(菜種油)

約 60-65%

コーンオイル

​約 24-40%

大豆油

約 20-30%

サフラワーオイル

約 14-40%

以上の表からもわかるように、オリーブオイルはオレイン酸含有量が非常に高いことがわかります。オレイン酸は健康に良い影響を与える成分であり、オリーブオイルはその豊富な含有量から健康的な食事に取り入れるのに最適なオイルの一つと言えます。


Comments


bottom of page