top of page
  • 執筆者の写真TAKAHIRO

【驚きのオリーブオイルレシピ!】世界を旅して味わう、オリーブオイルを使った5つの絶品料理!

オリーブオイルは、その独特の風味と健康に対する効用から、世界中で愛されています。


特に地中海沿岸の国々では、この贅沢な食用油を使った料理が数多く存在します。今回は、オリーブオイルを使った世界の有名料理を5つご紹介します!


サラダ・ニソワーズ(フランス)

フランスのニース地方から発信されたこのサラダは、レタス、トマト、卵、アンチョビ、オリーブをオリーブオイルと酢で和えた夏にぴったりの一品。健康的で栄養満点、そして爽やかな味わいが人気です。



ペスカトーレ(イタリア)

イタリア語で「漁師風」という意味のペスカトーレは、トマトソースとオリーブオイルをベースにした魚介類の煮込み料理。エビやイカ、ムール貝といった海の幸をたっぷり楽しめる、イタリア料理の真髄です。




パエリア(スペイン)

スペインのバレンシア地方の伝統料理、パエリアは、サフランで色づけされたお米と鶏肉、エビ、イカなどをオリーブオイルで炒めて煮込んだ贅沢な料理。家族や友人と楽しむことができる、スペインの味覚の象徴です。




フムス(中東・地中海料理)

中東や地中海沿岸の国々で広く愛されるフムスは、ひよこ豆とタヒニ(ゴマペースト)にレモン汁とにんにく、塩を加えて作るペースト。オリーブオイルをたっぷりとかけて、パンや野菜と一緒に楽しむことができます。




タブレ(レバノン)

レバノンやシリアで親しまれるタブレは、パセリやミント、ブルグル(小麦粉)にレモン汁とオリーブオイルを加えて作られるサラダ。爽やかな香りと酸味が特徴で、ビタミンCや鉄分を豊富に含んでいます。




これらの料理は、オリーブオイルの風味が引き立ち、素材の美味しさを最大限に引き出しています。ぜひ、世界の味覚を自宅で楽しんでみてください!

Comentarios


bottom of page